社会福祉法人 聖明福祉協会は盲老人ホーム 聖明園を運営しています。

THE SEIMEI WELFARE ASSOCIATION, INC.

社会福祉法人 聖明福祉協会

ホーム

サイトマップ

沿革

昭和24年、学業半ばで失明した創始者本間昭雄は、幾多の苦難を克服して再起。
同じ苦境に立つ失明者の福祉に生涯を捧げようと決意したのが、本会のそもそもの芽生えでした。

昭和30年1月30日
聖明福祉協会設立
昭和35年9月
財団法人認可
昭和38年9月
社会福祉法人に改組
昭和39年4月
軽費盲老人ホーム 聖明園(定員50名)開園
昭和40年10月
盲養護老人ホーム 第二聖明園(定員50名)開園
昭和44年4月
第二聖明園を増築、定員を100名に
昭和44年4月
協会創立15周年記念事業として
盲大学生奨学金制度を創設
昭和50年6月
特別養護老人ホーム 富士見園(定員50名)開園
(昭和62年7月より聖明園 富士見荘)
昭和57年12月
聖明園、第二聖明園を統合し、
盲養護老人ホーム 聖明園 曙荘(定員100名)に改称
特別養護盲老人ホーム 聖明園 寿荘(定員100名)を開園
平成4年7月
聖明園 富士見荘の増築、定員を75名に(平成5年より78名)
聖明園 富士見荘の短期入所(ショートステイ)事業を開始
平成6年10月
聖明園 曙荘、全面改築工事竣工
地域交流ホーム「聖明ホール」併設
平成9年4月
聖明園 寿荘の短期入所(ショートステイ)事業を開始
聖明福祉協会について
事業概要
沿革
アクセス
苦情解決体制
奨学金のご案内
奨学生お問い合わせ